お金は生きるために必要なものであり、信頼や感謝の気持ちを含んだ価値のあるものです。

MENU

お金が存在する意味とは?

 

貯金箱を持つ子供

 

誰もが知っていることですが、お金は非常に大切なものです。
では、お金とは何なのでしょうか?

 

そもそもお金がどんな意味や価値を持っているのかを、真剣に考えている人は少ないはずです。
逆に、お金の価値に気付いた人は、人生の生き方が楽になるのかもしれません。

 

 

 

お金の必要性

 

まず、お金とは生きて行くために必要不可欠なものです。
このような言葉を聞くと反射的に、「自給自足すれば金は不要」と声を上げる人が一定数居ます。
確かに、水や食料を自分だけで調達して、住む家を用意すれば生きていけるでしょう。
お金は掛かりません。つまり不要なのです。

 

しかし、現実的にそんな生活はほぼ不可能でしょう。
現代社会は多くの物事を分業して助け合うことが前提の仕組みになっています。

 

水を提供する人、食べ物を提供する人、家や衣服などなど、それぞれが専門分野を持っているのです。
そして、それらを提供してもらう代わりにお金が必要となります。

 

様々な職種

 

国に住む以上は税金を払う必要がありますし、国民健康保険にも加入することになるでしょう。
生涯に渡って国に頼らず、病気にもならないと断言することは簡単です。
ですが、年老いた時にも同じ言動を取れるかどうかは怪しいものです。

 

 

 

 

 

物々交換という手法もありますが、これも非効率的です。
食べ物が欲しい大工が居たとしましょう。
そうなると、家が欲しい農家の人を探さなければなりません。

 

さらに、農家の人が家を欲しいと思わなければ、物々交換は成立しないのです。
条件が合うまで待って居ては飢えてしまうでしょう。

 

しかし、お金という共通の価値があれば、それを対価に食べ物を得られるのです。

 

さて、このように生きる上でお金は必要なものだと判明しました。
お金が無ければ生きていけませんし、平均水準よりも多ければ多いほど贅沢な暮らしが可能です。
この贅沢な暮らしが、人がお金に惑わされる原点でもあります。

 

食べて眠れる家があるだけの暮らしは、必要最低限のものでしかありません。
それよりも、美味しい物を食べて、快適な家に暮らし、娯楽を楽しむにはお金が必要です。
だからこそ、人は働いてお金を稼ぎたいと強く願うのです。

 

お金の歴史

 

 

お金が持つ影響力

 

胸を押さえる男性

また、お金は権力の源にもなります。
お金を持っている、ただそれだけのことが周囲へ強い影響力を発揮するのです。
ただの紙でしか無いにも関わらず、そこにははかり知れない力が秘められています。

 

お金には価値があり、影響力があります。
そんなお金は、他人からの信頼や感謝の心が眠っています。

 

アルバイトや仕事でお金を得ている人は、なぜお金を貰っているのでしょうか?
それは仕事に対する当然の支払いではなく、人の信頼や感謝があるのです。
仕事をしてくれてありがとう、だからその対価としてお金を受け取って欲しいという流れがあります。

 

 

お金がすべてという錯覚に陥ってしまったり、何も考えていなかったりすると、冷めた感情でただただお金を集めます。
しかし、周りに何も気を配らずにお金を集めるだけでは、いずれ見捨てられてしまうでしょう。
なぜならそこに、信頼や感謝の気持ちが込められていないからです。
お金を稼ぐことに執着していてはいけないのです。

 

 

 

 

 

お金は生きるために必要なものです。
そしてそのお金は、他人からの信頼や感謝によってあなたの元へと集まって来ているのです。

 

親から莫大なお金を引き継いだ人は、親から信頼や感謝をされています。
仕事でお金を稼ぐ人は、会社や上司、あるいは消費者から信頼や感謝をされているでしょう。
お金をもらうことの意味、そしてお金を稼ぐことの意味、それを考えてみましょう。

 

人生はどうなるか分かりません。
ですが、お金の価値をしっかりと考えている人の方が人生の歩みは快適になるはずです。
自分の稼いだお金が誰からの信頼や感謝によるものなのか、思い描いてみてください。
そして、その人の役に立ちたいと思う気持ちこそが、お金を得るために大切なことなのです。

 

考える男性

 

 

 

闇金相談を比較