江戸時代には貨幣制度が統一され、金、銀、銅貨が全国に流通しました。

MENU

日本のお金の歴史

 

今では当たり前のように存在するお金ですが、当然ながら歴史があります。
お金の歴史がどのように移り変わって来たのか紐解いてみましょう。

 

古いお金

 

 

お金の移り変わり

 

古代では、お金という概念は存在せずに物々交換が主流でした。
自分が欲しい物を持っている人に様々な交渉を行って、物と物を交換するのです。
交換するものは米や布、あるいは塩などが重宝されていたようです。
これらを物品貨幣と呼ぶのです。

 

 

 

これが飛鳥時代になってくると、中国の開元通宝をモデルにした、富本銭が登場します。
コインのような貨幣には富本としっかり刻まれています。
これは国を富まし、民を富ませる基本という意味があるのです。
西暦683年の頃の話です。

 

 

 

さて、次にお金の歴史で欠かせないのが奈良時代、平安時代です。
この時は250年の間に金貨や銀貨、銅銭が作られています。
そして豊臣秀吉が金や銀の貨幣を作るまでは、中国から輸入した貨幣を代用していた記録もあります。

 

 

 

1404年になると、中国と室町幕府との間に条約が結ばれます。
それにより貿易が始まり、銅銭が非常に重要なお金となります。
特に永楽通宝は人気があり、全国で使用される共通のお金となっていたのです。

 

 

 

1587年には天正菱大判などが登場します。
これが俗に言う、大判小判です。
これらは主に臣下への褒美として配られるもので、庶民の間には流通しませんでした。
しかし、それ故に非常に価値の高いものとして重宝されていたのです。

 

 

 

江戸時代に突入すると、寛永通宝が登場し貨幣制度が統一されました。
全国で使うことが出来るようにと金や銀貨も作られています。
当時はアメリカやイギリスなどの貿易も活発になっており、金の流出が問題にもなった時代です。

 

 

 

明治時代になると、造幣局が建設されて造幣工場が完成しています。
金や銀の価値をしっかりと整備し、グラムに応じた価値を明記していました。
その後、大正時代や昭和時代へと入り、現在のお金へと進化して来たのです。

 

現在のお金

 

 

お金の歴史はまさに人間の歴史と言っても良いでしょう。
歴史を知ることで、お金の利便性と価値に改めて気付けるのではないでしょうか?