お金があれば、日常生活のストレスを軽減させ、幸福を手に入れることができます。

MENU

お金がもたらす幸福とは

 

お金があれば幸せになれるのか?

 

これについては意見が大きく分かれることが予測されます。
使い方や使う人によって幸せになれるかどうかが違うと考える人も居るでしょう。
他には、お金では幸せは手に入らず、友人や恋人との時間が幸福だとする人も居るはずです。

 

では、本当にお金では幸せになれないのでしょうか?お金がもたらす幸福について考えてみましょう。

 

 

お金があると充実度が変わる

 

まず、お金は無いよりはあった方が良いです。
これは多くの人が賛同する現実です。

 

毎月の食費が1万円なのと3万円なのでは、日々の充実度は変わってきます。
これが月10万の食費でも問題ないぐらいお金を持って居れば、それはイコール幸福なはずです。

 

新車を買うことも出来ますし、洋服やバッグ、アクセサリーも購入出来るでしょう。
基本的にお金があれば、大抵のものは手に入れられるのです。

 

買い物

 

お金を理由に我慢しなければいけないことから解放されると、人は大きな幸福を感じます。
我慢しない、つまりストレスからの解放なのです。
ストレスが無くなれば、それは幸福な人生と言っても良いでしょう。

 

お金とは日常生活のストレスを軽減させ、幸福を手に入れるためのものなのです。

 

 

どれだけお金があれば幸せなのか?

そんなお金は、いったいどれだけあれば良いのでしょうか?
現実的に考えればお金は無尽蔵に湧いて来ませんし、お金を稼ぐことも容易ではありません。

 

アメリカの研究では、年収は630万あれば良いとの発表が出ています。
年収が上がって行くと人の幸福感は増していました。
それは欲しい物を買えたり、友人や恋人と楽しい時間を過ごせたりするからです。

 

しかし、年収が630万を超えると、幸福度はほとんど上昇しなかったのです。
年収1000万の人と、年収が630万の人の幸福感は同じなのです。
生活水準や豪遊という側面から見ても、圧倒的に年収1000万の人の方が幸せに見えます。