日本が未だに物価が高いと思われるのは、家賃や交通費などが多いようです。

MENU

日本の物価は高い?

 

priceと書かれた小物

 

日本は物価が高い、と日本人も外国の人たちも思いがちですが、実は現在では日本以上に物価の高い国がたくさんあり、世界から見て日本の物価は「それほど高くは無い」事が多いのです。
例えば外食。日本であれば安価なものから高価なものまでさまざまありますが、消費税以外の税金がかかっていません。また、食事代以外にサービス料がかかることもあまりありません。

 

しかし、ヨーロッパ諸国などでは外食に税金がかかってきますし、サービス料やチップ代などがかかる事が多く、外食ばかりするとかなりの金額がかかる事が多いです。
旅行のときにかかるホテルも安宿であるはずのゲストハウスを利用したとしてもかなり高額になる事が多く、また、宿泊環境も日本のそれより悪い事がほとんどです。
スウェーデンやノルウェーなどは物価の高い国として有名です。
なぜならさまざまなものに高額な税金がかかっている事が多いためです。

 

タックスフリーという制度を使うことも可能ですが、食費や宿泊費には利用できないため、長期間滞在するのであればかなりの出費を覚悟しておく必要があります。

 

発展途上国といわれる国に行っても日本より「高いな・・・」という事に遭遇する事もあります。
例えば日本でも海外でも人気なのが「100円均一」。日本では100円で購入できるものも、その国の「ワンコイン」などに設定されており、日本円にすると高額に感じることも多いです。

 

日本が未だに「物価が高い」と思われるのは、家賃や交通費などが多いようです。
外国であればいわゆるフリーパスのようなものがあるため乗り放題である事が多く、また金額も安い事が多いのですが、日本はフリーパスであっても金額が高いと思われる事が多いようです。
家賃は特に都会に留学生や仕事などで滞在する人が高いと感じる事が多いようです。

 

経済とお金について